熊本の住宅展示場は『松栄住宅』パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャーの家」をはじめ、住宅展示場、建売、分譲地、お客様の声、家づくりの流れ、モデルハウス見学会などをご案内しております。

トップページ > 松栄住宅 10のこだわり > テクノストラクチャー工法

松栄住宅 10のこだわり

一覧

テクノストラクチャー工法

パナソニックの想いと技術を
結集したパナソニック耐震住宅工法

木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法「テクノストラクチャー」。
「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かした、
パナソニック電工独自の「第三の工法」です。

住まいを強固に支える木と鉄のハイブリッド工法。

『梁の強化』

<梁材に鉄骨を使う理由>
木は生育してきた縦向きには強いが、横向きにして使うと弱いため

『接合部の強化』

在来木造軸組工法は、
ほぞ穴による欠損が大きい

テクノストラクチャーは
柱の全断面で荷重負担

高強度ドリフトピン接合

※通し柱なし

木材の切り抜きを最小限にとどめる
オリジナル金具接合で
部材と部材を強固に接合します。

間取りも環境も異なるから、
すべての住まいで「構造計算」。

住まいの本当の強さは、柱や梁など部材の強さだけでは実現できません。地震や台風、豪雪など外部から加わるさまざまな力に対応できる住まい全体のバランスが何よりも大切なのです。そこで私たちは、木造2階建て住宅には義務づけられていない構造計算を、一棟一棟すべての住宅で実施。
388項目におよぶ緻密なチェックをおこない、強度が客観的に実証された住まいだけをお届けしています。

世界最大級の振動施設を持つ(財)原子力発電技術機構
の多度津工学試験所にて実大振動実験を行いました。

【営業時間】10:00~17:00

096-379-4676
タップで電話できます


ページ先頭へ